積木
模型とお金

賃貸経営で重要なのは家賃

賃貸経営で重要なのは家賃の決め方です。基本は周辺の家賃相場を調べて決めます。不動産屋に聞けばわかりますし、ネットの賃貸情報サイトでもチェックできます。2月から3月は引っ越しが多いので多少家賃が高めでも入居者は確保できます。4月から8月は引っ越しが少ないので、家賃を下げてでも入居者を確保すべきです。

アクティブな投資とは

女性

安定した家賃収入を得る目的で、投資マンションを買う人の運用スタイルは、10年以上の長期保有が特徴的です。しかし購入時よりも評価額が3割以上高くなった場合には、臨機応変に保有物件を売却して、利益を確定するのが賢い投資戦略です。不動産価格の上昇トレンドや下降トレンドを的確に把握して、投資マンションの購入と売却を繰り返すことで、更に大きな利益が得られるでしょう。マンションを売買する時には、投資用物件を中心に取り扱う不動産会社のサービスが便利であり、とりわけ高い利回りが実現可能な優良物件情報が好評です。ローンを借りた場合の収支のシミュレーションも算出してくれるので、不動産会社のサポートを受けることで、堅実な資産運用が行えるでしょう。

様々な情報ルートを駆使して割安な物件を発掘することが、投資マンションを購入して効率的に賃貸経営を行うコツです。一方で建物が古くなった場合には、将来的な大規模修繕への出費も予測されるので、価格上昇のタイミングで売却するべきです。投資マンションの売却に成功した場合には、その資金を上手に活用して、比較的築年数の浅い物件を手に入れるのが理想的です。運用している賃貸マンションの平均的な築年数を常に20年未満にコントロールするのが、高い稼働率を継続的に実現するためのポイントです。利回りが高い地方の物件に興味を持つ人も増えていますが、満室経営が実現しやすくて売却もスムーズに行える、大都市の物件を買うのが良い方法です。

アパート

バランスの良い管理

マンション管理会社に管理を任せることは、現代の不動産経営では当然のことです。経営を任せることもできるようになっていますので、どこまでを委託するのかはオーナーの裁量で決めることができます。良いマンション管理会社を選べば、不動産価値も高くなります。

マンション

ローンを借りて長期投資

マンション投資はレバレッジを利かせられることから予算が少なくても大きな投資を行うことができるのが特徴です。長期的な資金形成を行うのが目的となるのがマンション投資であり、最終的には定常的な不労所得と、現金化できる大きな資産が形成できます。